スマホから紙に下絵を投影してお絵かきできるARアプリ「SketchAR」

絵を描くのは楽しそうですが、実際に描くのは苦手、そんな人もきっと多いことでしょう。何もない白紙の状態から絵を描き始めることは、素人にとっては非常に難しい上に抵抗があるのです。AR(拡張現実)の技術を使った「SketchAR」なら、そんな悩みを解決してくれるかもしれません。現実世界に描写された下絵をトレースするだけで、正確な絵が描けるようになるというアプリなのです。「SketchAR」内に用意された好きな絵のサンプルを選んで、スマホを紙にかざします。するとスマホの画面を通して紙に下絵が表示されるのです。後は投影された下絵をトレースするだけで、書きたい絵がうまく描けるという仕組みです。下絵は拡大・縮小、色の濃さの変更も自由自在。スマホを通して紙を見るため、下絵があちこちに移動してしまいそうと思ってしまうかもしれません。「SketchAR」は座標を固定するため、紙の上に表示した下絵が動くことはなく安心です。手持ちの画像や写真も、サンプル化することでき、スケッチ可能になり、自分や友人の似顔絵、風景のスケッチだってこのアプリ1つで描けるのです。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を知るといいですよ

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を知らない方も結構いたりするのではないでしょうか。
外出をする時はモバイルバッテリーが手放せないなんて人もいるでしょう。
しかし、バッテリーの減りも改善させる方法があります。
なので、まず試してみるのもいいかもしれません。
スマホのバッテリーを節電をするのに一番効果的なのは画面ですね。
画面の明るさというのは結構バッテリーを使ってしまいます。
なので、バッテリーの減りを改善するためには画面設定が重要になります。
画面の明るさを少しでいいので暗くしてみてください。
また、最近のスマホでは節電モードというものがあります。
これは簡単な方法かもしれませんね。
スマホのバッテリーは使用をしている間は仕方がありません。
しかし、上手に使用をすれば、バッテリーの減りが変わるのでやってみてください。
後は、通知をオンにしているような事も多いかと思います。
この通知をできるだけオフにしてみてください。
そうすれば、スマホのバッテリーの減りに変化が出てくる可能性があります。
スマホも使用をすればどうしてもバッテリーの減りが多くなってしまうのでできるだけ注意をして使用をしてみてください。
少しの設定を変えることで違いが出てくるはずです。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法があるのであれば!

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法として注意をしなくてはいけない事があります。
最近バッテリーの減りが早くなっているというのはバッテリーが老化を始めているかもしれません。
なのでスマホ充電には充分注意をしてください。
スマホの充電なのですが、最近ではモバイルバッテリーを使用する方もいるでしょう。
外出先でも充電ができるようにと持っている人も増えています。
そんなモバイルバッテリーの選び方も注意してください。
中には安いモバイルバッテリーがありますよね。
そういった場合注意をしてください。
やっぱりスマホによって合わないモバイルバッテリーもあります。
そして、アンペアなんかが合わないとそこで不具合なんかも起こしやすいので注意をしてみてください。
スマホのモバイルバッテリー選びは慎重にすることをおすすめしますね!
スマホの充電が切れてしまい長時間そのままにしてしまう事もあまり良くないようなので注意してくださいね。
スマホも今では生活に欠かせないものとなっています。
なので、充分に充電には注意をしてスマホを使用するようにしてくださいね。
そうすれば、きっとバッテリーの減りが気になるというのも多くならないかもしれません。

「Google Home」と「Clova WAVE」に直してほしい3つのこと

「Google Home」「Clova WAVE」に加え、ソニーもAI(人工知能)搭載のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表しました。ガジェット好きがそろうNEWS編集部は、検証機も含めて9台のスマートスピーカーを所持しており、年内の国内発売が予定される「Amazon Echo」が登場すると、よりにぎやかになりそうです。「スマートスピーカーにどこまで求めるのか?」という問題にもつながるが、現状は機能が非常に限定的だという点です。アラーム設定、天気予報やニュースの読み上げ、音楽の再生など、目的がはっきりしているときはいいのですが、気まぐれに話しかける暇つぶしの相手としてはGoogle HomeもClova WAVEもまだまだといえるでしょう。「元気?」「賢いね」「今何してる?」などの雑談には「すみません、意味が分かりませんでした」といった返答で済まされてしまうことも多く、少々もの悲しいのです。

スマホの防水をしっかりとやっておきたいもの

スマホの防水機能なのですが、今ではスマホの機能もレベルが上がり良くなっていますよね。
スマホに防水なんていうのが普通になってきたぐらいです。
スマホも結構水没事故というのがある分、こういった防水機能があるとありがたいものです。
夏の間は水没事故が多くなってしまいます。
プールや海など事故がよくあり、スマホをダメにしているなんて人もいるでしょう。
冬は安心なんて思いがちなのですが、冬は冬で雪には注意をしましょう。
雪も水没事故に繋がる原因となるので、冬の外でのスマホの使用にも注意をしてくださいね。
スキーやスノボードを楽しんでいるとスマホを落としてしまったなんて時に水没してしまう事もあります。
なので、スマホは1年中油断ができません。
また、そんな季節に関係なくお風呂やトイレでの水没も多いので充分に注意をする必要があります。
スマホを日頃から水があるような所に近ずけないというのも大事になってきそうです。
飲み物をこぼすなんていう簡単な事故なんていうのも普通にありますから、そういったものからスマホを守ってあげましょう。
水没事故は注意をしていけば防げると思うのでスマホを守ってあげるようにしましょう。

スマホが水没した時の正しい対処方法を知ろう!

スマホが水没した時はどうしようと焦ってしまう事が多いと思います。
しかし、焦らずに対処をする必要がありますよ。
ちょっとした対処の違いで全然スマホの状態も変わってきますよ。
スマホが水没した時には、まずは手荒に水を出そうとしない事が大切です。
思わず水を出すのに振ったり叩いたりしがちだったりします。
しかし、あんまり刺激を与えるとそれが故障の原因になるので注意です。
後、スマホケースを付けている場合、これを外さない方がよかったりします。
とりあえずは、水没した後はそのままの状態であまり触らない方がいいですね。
水分を取る時は、タオルやティッシュで優しく水分を吸い取る感じで取るようにしましょう。
ここで叩いたりして水分が取れる訳ではないので、このようにしてみてください。
後、大切なのが電源を入れないことです。
思わず、スマホが大丈夫なんか確認したくて、電源を入れてしまいがちなのですがこれは絶対にしないようにしましょう。
電源を入れることでショートしてしまう可能性があるからなのです。
とりあえず、水没してしまった時はスマホをそっと置いておきましょうね。
そうすればスマホもしっかりと復活してくれるかもしれません。

スマホの初期化設定をすると解消される場合も、、、

スマホの初期か設定もやるといい時もあったりします。
それは、スマホの動きがかなり遅くなってしまった時ですね。
ずっと使用をしていると、どうしてもデータもたくさんになるスマホの動作が遅くなってしまいがちです。
ちょっとデータを消去しただけでは改善されない時もあります。
そんな重たくなったスマホを改善させるためにはスマホの初期化なんてこともあるのです。
スマホの初期化なのですが、まずはする前にバックアップを取っておいてください。
データも大切なものがたくさんあると思います。
初期化をすればもちろんデータはなくなってしまいますからきちんとデータは残しておいてください。
スマホの初期化は簡単で設定の方からバックアップとリセットの所からできます。
スマホの初期化は時間が少しかかることもあるのでそれは覚えておくといいですよ。
スマホ動作が悪くなってしまえばやむおえない事もあったりしますよね。
そういった場合は、初期化設定をするのも手段の1つとして覚えておくといいですよ。
スマホを初期化してしまえば、やっぱりスマホの容量もすっきりしますから解消することでしょう。
初期化設定も少し怖いですがバックアップを取っておけば大丈夫です!

スマホのバックアップはしっかりと取っておこう!

スマホのバックアップも取っていない方もいるのではないでしょうか。
バックアップを取っていなければスマホが故障した時はデータがすべてなくなってしまう可能性があります。
なので、バックアップはきちんと取るようにしましょう。
バックアップもスマホによって取り方にも違いがあると思います。
Androidのスマホを使用する場合はSDカードを使用すると簡単かもしれませんね。
SDカードは前から使用をしているなんて人も多いので、活用しやすいバック方法かもしれません。
データをしっかりとバックアップ取っておけば、もしもの時も安心できます。
やっぱりスマホが故障して困る事と言えば、データですね。
特に電話帳なんかは消えてしまえば、連絡取れない人も出てきたりしますから注意をしなくてはいけません。
データがなくなる事は本当にショックが大きいと思うので、きちんとバックアップは取るようにしておきましょう。
そうすれば、もしもの時も焦る必要はありかせん!
バックアップはSDカードだけでなく、パソコンに入れるのもいい方法の1つですよ。
また、スマホの機能にバックアップもあったりするのでそれはしっかりと活用をしてみてください。

スマホのバッテリーを守るには

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法というのはたくさんあります。
スマホを使用していてすぐにバッテリーが減ってしまうなんて状態では困ってしまいますよね。
しかし、きちんと解消するようにすればスマホのバッテリーの状態も改善しますよ。
まずは、やっぱりバッテリーを消費しているというのは画面の明るさだったりします。
スマホを使用すれば画面が付きますから明るければ明るいほどそれだけバッテリーを消費してしまう状態になります。
それを避けるためにも、やっぱり画面は暗めがよかったりします。
スマホも明るさを少し変えるだけでバッテリーの減りに違いが出てきます
そしてアプリなんかの通知をオフにしておく事も大事だったりしますよ。
やっぱりオンにしておく事で通知が来てしまう事になります。
その通知だってやっぱりバッテリーを減らしてう事となってしまうのです。
しかし、通知設定をオフにしておく事で通知はきませんので、それだけバッテリーの減りを改善することができるのです。
日頃よりもバッテリーの持ちがよくなりますよ。
また位置情報などもオフにしておくのもよかったりするようですよ!
気が付いたものはオフにしておくといいかもしれませんね。詳しくはこちら

スマホに音楽を取りれることで便利に使用できます

スマホの音楽を取り入れる方法はパソコンがあれば簡単にできますよ。
パソコンに音楽を取り入れることでスマホへ音楽を入れることができます。
なので、スマホに音楽を取り入れいた場合パソコンを用意してくださいね。
パソコンに音楽をプレイヤーを使って取り入れます。
音楽は、お店で購入をしたものやレンタルしたものなんでも入れることができますよ。
スマホ音楽をたくさん入れたい方はレンタルを使用をするのもいいかもしれません。
レンタルは格安でたくさんの音楽を入れる事ができるのでおすすめなのです。
パソコンがあれば好きな音楽を入れることができるようになります。
また、自分が好きな音楽をセレクトして、アルバムのようなものを作る事も可能なのです。
なので、自分が音楽を聴く時に好きなものをずっと流すことができると言う事なのです。
アルバムなんかだと、これは飛ばしたい音楽なんていうのもありますよね。
そういったものもカットして自分だけのアルバム作りをしてみてくださいね。
そうすれば、毎日聴く音楽だってストレスなく、前よりスマホで音楽を楽しむ事ができるようになります。
やっぱりスマホはどこにでも持っていけるのでそこが便利な所です。スマホデザイン