高度なビジュアルを演出する「SHARP AQUOS sense lite」

“テレビのような、高精細を誇るスマートフォンが注目を浴びるようになってきました。
今では、写真撮影だけでなく、動画視聴やSNSの利用など、幅広いニーズに応えているスマートフォンほど人気となっています。ですが、SHARP AQUOS sense liteは、これらのニーズに応えているだけでなく、世界トップクラスのビジュアルを誇るのです。
このような機能を有しているのは、SHARPがテレビメーカーを通じて、高精細なビジュアルを完成させているからです。SHARP AQUOS sense liteでは、「IGZO」と呼ばれる独自開発の液晶ディスプレイが用いられていますし、なにより美しい表示能力が話題となっています。
そして、SHARP AQUOS sense liteになってからは、従来の機種より解像度がアップしているのです。そのためSHARP AQUOS sense liteは、5インチディスプレイでフルHDの1080×1980ドット解像度を実現しました。”

スマートフォンの「BlackBerry Priv」

“スリムでエレガントなデザインを採用し、大型両端曲面ディスプレイや大容量バッテリーなども搭載しているアンドロイドスマートフォンが「BlackBerry Priv」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約147ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約192gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン808ヘキサコア2.0GHzを搭載していてRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは急速充電に対応した3410mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.4インチデュアル曲面有機ELディスプレイを搭載し、カメラはHDRがついた約1800万画素のメインカメラとワイドセルフィーモードがついた約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには正確な入力を可能にする物理キーボードとタッチキーボードが付いています。”スマホのワイヤレス充電

話しかけるだけでサポートしてくれる「Android One X5」

“Android One X5にはAI機能が搭載されています。
現代では、スマートフォンだけでなく、多くのデジタル家電に対してAI機能が搭載されるようになりました。ですがAndroid One X5は、「Google Assistant(グーグルアシスタント)」というAI機能を搭載しているため、従来とは変わったサポートを受けられるようになっています。
AI機能を利用する際は、まずGoogle Assistantに話しかけるだけで問題ありません。その後は、「電話をかける、写真撮影をする」際に、Google Assistantが対応してくれるのです。
Android One X5の発売日は2018年12月13日となっていますが、今でも人気のスマートフォンとして有名です。というのも、GoogleはAI機能に秀でているだけでなく、インターネット上の様々なサービスに対しても、AI機能を組み込んでいます。
このような一日の長があるため、Android One X5の利用者は多いのです。またAndroid One X5は、Android One Xシリーズにあたり、Xシリーズの最新機種でもあります。”

スマホが急に遅くなった時の対処法

通信制限がかかったらスマホの通信速度が遅くなることはわかる。しかし、この1ヶ月で契約したGBも使っていないのに、スマホが遅くなったら皆さんはどうしているだろうか。放置するのではなくしっかりと原因を調べているだろうか。今回私は上記のことについて書いた記事をまとめた上で私の意見を述べようと思う。まず、理由は会社側かこっち側の二つに分けられる。向こうのサーバー状況がたまに悪くなったりするのだがその時は治るまで諦めるしかない。しかしこれは滅多に無いので、大抵はこちら側に問題があると考えて欲しい。その場合は、まず電波の届くところにいるか確認。それでも治らなかった場合はアプリを開いて、特定のアプリだけが重いことはないか確認する。大抵この二つで解決できるが、それでも治らなかった場合は再起動してみるのも一つの手だ。これで治らなかったら修理に出した方が早いと思う。イライラする事はあると思うが、感情に任せてスマホを無理に直すのだけはやめるべきだ。詳しくはこちら

「Huawei」の新商品

スポーツに対応してしたスマートフォンと連動した、手に巻きつけるバンドが誕生した。名前は「huawei band 3」。価格は6100円ぐらいで、通知なら35文字程度までぐらいなら表示できる。しかも、今回のバンドは7種類のスポーツに対応している。しかもスマホとBluetoothで連携さえしていれば、ランニングだと走るコースから、睡眠だとその質まで解析してくれる。バッテリーは100mAhな為使用可能時間は10日間となっている。値段も1万を切っており、スポーツ対応な為、防水効果も付いている。だからスポーツに限らず、趣味や道具として持っておくのもいいと思う。カラーも一つではなく3種類あり、男性から女性まで誰がつけても似合うカラーのバリエーションだ。だが、このバンド10日間使えると書いてあるが、通常使用時の注意書きが書いてあるので、人によっては10日間持たないのかもしれない。だから買うときは注意書きを読んでから買うべきだ。

スマホから紙に下絵を投影してお絵かきできるARアプリ「SketchAR」

絵を描くのは楽しそうですが、実際に描くのは苦手、そんな人もきっと多いことでしょう。何もない白紙の状態から絵を描き始めることは、素人にとっては非常に難しい上に抵抗があるのです。AR(拡張現実)の技術を使った「SketchAR」なら、そんな悩みを解決してくれるかもしれません。現実世界に描写された下絵をトレースするだけで、正確な絵が描けるようになるというアプリなのです。「SketchAR」内に用意された好きな絵のサンプルを選んで、スマホを紙にかざします。するとスマホの画面を通して紙に下絵が表示されるのです。後は投影された下絵をトレースするだけで、書きたい絵がうまく描けるという仕組みです。下絵は拡大・縮小、色の濃さの変更も自由自在。スマホを通して紙を見るため、下絵があちこちに移動してしまいそうと思ってしまうかもしれません。「SketchAR」は座標を固定するため、紙の上に表示した下絵が動くことはなく安心です。手持ちの画像や写真も、サンプル化することでき、スケッチ可能になり、自分や友人の似顔絵、風景のスケッチだってこのアプリ1つで描けるのです。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を知るといいですよ

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を知らない方も結構いたりするのではないでしょうか。
外出をする時はモバイルバッテリーが手放せないなんて人もいるでしょう。
しかし、バッテリーの減りも改善させる方法があります。
なので、まず試してみるのもいいかもしれません。
スマホのバッテリーを節電をするのに一番効果的なのは画面ですね。
画面の明るさというのは結構バッテリーを使ってしまいます。
なので、バッテリーの減りを改善するためには画面設定が重要になります。
画面の明るさを少しでいいので暗くしてみてください。
また、最近のスマホでは節電モードというものがあります。
これは簡単な方法かもしれませんね。
スマホのバッテリーは使用をしている間は仕方がありません。
しかし、上手に使用をすれば、バッテリーの減りが変わるのでやってみてください。
後は、通知をオンにしているような事も多いかと思います。
この通知をできるだけオフにしてみてください。
そうすれば、スマホのバッテリーの減りに変化が出てくる可能性があります。
スマホも使用をすればどうしてもバッテリーの減りが多くなってしまうのでできるだけ注意をして使用をしてみてください。
少しの設定を変えることで違いが出てくるはずです。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法があるのであれば!

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法として注意をしなくてはいけない事があります。
最近バッテリーの減りが早くなっているというのはバッテリーが老化を始めているかもしれません。
なのでスマホ充電には充分注意をしてください。
スマホの充電なのですが、最近ではモバイルバッテリーを使用する方もいるでしょう。
外出先でも充電ができるようにと持っている人も増えています。
そんなモバイルバッテリーの選び方も注意してください。
中には安いモバイルバッテリーがありますよね。
そういった場合注意をしてください。
やっぱりスマホによって合わないモバイルバッテリーもあります。
そして、アンペアなんかが合わないとそこで不具合なんかも起こしやすいので注意をしてみてください。
スマホのモバイルバッテリー選びは慎重にすることをおすすめしますね!
スマホの充電が切れてしまい長時間そのままにしてしまう事もあまり良くないようなので注意してくださいね。
スマホも今では生活に欠かせないものとなっています。
なので、充分に充電には注意をしてスマホを使用するようにしてくださいね。
そうすれば、きっとバッテリーの減りが気になるというのも多くならないかもしれません。

「Google Home」と「Clova WAVE」に直してほしい3つのこと

「Google Home」「Clova WAVE」に加え、ソニーもAI(人工知能)搭載のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表しました。ガジェット好きがそろうNEWS編集部は、検証機も含めて9台のスマートスピーカーを所持しており、年内の国内発売が予定される「Amazon Echo」が登場すると、よりにぎやかになりそうです。「スマートスピーカーにどこまで求めるのか?」という問題にもつながるが、現状は機能が非常に限定的だという点です。アラーム設定、天気予報やニュースの読み上げ、音楽の再生など、目的がはっきりしているときはいいのですが、気まぐれに話しかける暇つぶしの相手としてはGoogle HomeもClova WAVEもまだまだといえるでしょう。「元気?」「賢いね」「今何してる?」などの雑談には「すみません、意味が分かりませんでした」といった返答で済まされてしまうことも多く、少々もの悲しいのです。

スマホの防水をしっかりとやっておきたいもの

スマホの防水機能なのですが、今ではスマホの機能もレベルが上がり良くなっていますよね。
スマホに防水なんていうのが普通になってきたぐらいです。
スマホも結構水没事故というのがある分、こういった防水機能があるとありがたいものです。
夏の間は水没事故が多くなってしまいます。
プールや海など事故がよくあり、スマホをダメにしているなんて人もいるでしょう。
冬は安心なんて思いがちなのですが、冬は冬で雪には注意をしましょう。
雪も水没事故に繋がる原因となるので、冬の外でのスマホの使用にも注意をしてくださいね。
スキーやスノボードを楽しんでいるとスマホを落としてしまったなんて時に水没してしまう事もあります。
なので、スマホは1年中油断ができません。
また、そんな季節に関係なくお風呂やトイレでの水没も多いので充分に注意をする必要があります。
スマホを日頃から水があるような所に近ずけないというのも大事になってきそうです。
飲み物をこぼすなんていう簡単な事故なんていうのも普通にありますから、そういったものからスマホを守ってあげましょう。
水没事故は注意をしていけば防げると思うのでスマホを守ってあげるようにしましょう。