スマートフォンの「Optimus it L-05E」

“浮き上がって見える新感覚の大型液晶ディスプレイを搭載し、優しい触り心地の質感とラウンドフォルムを採用しているスマートフォンが「Optimus it L-05E」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約63ミリ、高さ約131ミリ、厚さ約10.5ミリ、重さ約132gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはAPQ8064TクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは32GBで最大64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーはワイヤレス充電に対応している2100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、オートフォーカスや手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラとフォトライトがついた約120万画素のインカメラが搭載されています。”

スマートフォンの「ARROWS A 202F」

“快適にサクサク使用できる高性能CPUを搭載し、どこでも見やすい大型液晶ディスプレイや2日以上充電なしで使用できる大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「ARROWS A 202F」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはグレースブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約69ミリ、高さ約139ミリ、厚さ約9.8ミリ、重さ約158gです。
CPUはAPQ8064TクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは64GBで最大128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の3020mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、オートフォーカスや手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラと約125万画素のインカメラが搭載されています。”au スマホ

スマートフォンの「ASCENDP7」

“究極の薄さと片手でも操作しやすいデザインを採用しており、水滴をモチーフにした美しいデザインで人気を集めているスマートフォンが「ASCENDP7」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約68ミリ、高さ約139ミリ、厚さ約6.5ミリ、重さ約124gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはHisilicon Krin910TクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはハードウェアHDR機能を内蔵した約1300万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには、デュアルアンテナやウルトラ省電力モードなどがついています。”

スマートフォンの「DIGNO T」

“お風呂や水回りなどでも安心して使用することができる防水機能を搭載し、便利なデザリング機能や大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「DIGNO T」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルー、オレンジ、グリーンの5色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約132ミリ、厚さ約11.2ミリ、重さ約139gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1.5GB、内蔵ストレージは8GBで32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは手ぶれ補正がついた約800万画素のメインカメラと約196万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには初めてでも分かりやすいエントリーモードがついています。”

スマートフォンの「TONE e19」

“安心なダブル生体認証を搭載しているので誰でも安心して使用することができ、誰でも美しい写真が簡単に撮れるデュアルカメラも搭載しているスマートフォンが「TONE e19」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約166gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン450オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBで256GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーはUSB充電の4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンのカメラは、デュアルレンズがついた約1200万画素+約500万画素のメインカメラとパノラマモードやフラッシュライトがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。”スマホのワイヤレス充電

スマートフォンの「Xperia Z5 Premium SO-03H」

“ストレスを感じることなく使えるパワフルな高性能CPUを搭載し、水に濡れても安心な防水機能や素早くロック解除できる指紋認証機能なども搭載しているスマートフォンが「Xperia Z5 Premium SO-03H」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはクロムとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約181gです。
CPUはMSM8994オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBで200GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチトリルミナス大型液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3430mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは手ぶれ補正がついた約2300万画素のメインカメラと約510万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには美しい輝きを放つ鏡面仕上げやアルミフレームが採用されています。”

賢く消費電力を抑えてくれる?「省電力ナビ」搭載!

ディグノR 202Kは、バックライトの「消灯時間」や「画面の明るさ」を最小限にすることでバッテリーの消耗を最小限に抑えてくれる『省電力ナビ』という機能が搭載されています。他にもWi-FiやBluetooth機能をオフにすることで、必要最低限で使う電力を抑えてくれます。使い方はとっても簡単、ホームスクリーン画面を開きます。その中から「省電力ナビ」説明画面が表示されるので、それをOKにするだけで設定完了です。毎回この設定が面倒だなという方は、「次回から表示しない」にチェックをすれば面倒な手間が省けます。また省電力ナビの画面をみると分かるのですが、タイマーを使って「省電力モード」に切り替えも出来ます。必要に応じて使わない時間が分かっていれば、タイマー機能も上手に活用してみましょう。またマイ省電力モードでは、バッテリーの消費を抑えられるように各機能のオンオフを個別で設定することもできます。自分だけのオリジナル省電力モードに設定できる点も魅力です。

高度なビジュアルを演出する「SHARP AQUOS sense lite」

“テレビのような、高精細を誇るスマートフォンが注目を浴びるようになってきました。
今では、写真撮影だけでなく、動画視聴やSNSの利用など、幅広いニーズに応えているスマートフォンほど人気となっています。ですが、SHARP AQUOS sense liteは、これらのニーズに応えているだけでなく、世界トップクラスのビジュアルを誇るのです。
このような機能を有しているのは、SHARPがテレビメーカーを通じて、高精細なビジュアルを完成させているからです。SHARP AQUOS sense liteでは、「IGZO」と呼ばれる独自開発の液晶ディスプレイが用いられていますし、なにより美しい表示能力が話題となっています。
そして、SHARP AQUOS sense liteになってからは、従来の機種より解像度がアップしているのです。そのためSHARP AQUOS sense liteは、5インチディスプレイでフルHDの1080×1980ドット解像度を実現しました。”

スマートフォンの「BlackBerry Priv」

“スリムでエレガントなデザインを採用し、大型両端曲面ディスプレイや大容量バッテリーなども搭載しているアンドロイドスマートフォンが「BlackBerry Priv」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約147ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約192gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン808ヘキサコア2.0GHzを搭載していてRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは急速充電に対応した3410mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.4インチデュアル曲面有機ELディスプレイを搭載し、カメラはHDRがついた約1800万画素のメインカメラとワイドセルフィーモードがついた約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには正確な入力を可能にする物理キーボードとタッチキーボードが付いています。”スマホのワイヤレス充電

話しかけるだけでサポートしてくれる「Android One X5」

“Android One X5にはAI機能が搭載されています。
現代では、スマートフォンだけでなく、多くのデジタル家電に対してAI機能が搭載されるようになりました。ですがAndroid One X5は、「Google Assistant(グーグルアシスタント)」というAI機能を搭載しているため、従来とは変わったサポートを受けられるようになっています。
AI機能を利用する際は、まずGoogle Assistantに話しかけるだけで問題ありません。その後は、「電話をかける、写真撮影をする」際に、Google Assistantが対応してくれるのです。
Android One X5の発売日は2018年12月13日となっていますが、今でも人気のスマートフォンとして有名です。というのも、GoogleはAI機能に秀でているだけでなく、インターネット上の様々なサービスに対しても、AI機能を組み込んでいます。
このような一日の長があるため、Android One X5の利用者は多いのです。またAndroid One X5は、Android One Xシリーズにあたり、Xシリーズの最新機種でもあります。”